オトナの次亜水

STDから身を守る

STD(性病・性感染症)と次亜塩素酸の力
★しっかりとした基礎知識を身につけるシリーズ
なんとなく、怖いではなく、しっかりと正しい知識を身につ けて、冷静に対処することが大切です。今回は、STDの基礎 知識と身を守る方法についての特集です。

STDとは?

STDを一言で言うと、性行為により感染する病気のことです。

日本語では、性病・性感染症といいます。 症状を感じにくいものもあるため、感染して気づかないでいると、知らない間に体がむしばまれていき ます。

STD(性病・性感染症)には、 様々なものがあります。その中でも代表的なものは、
  • カンジタ
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • HIV
等があります。

STDは感染症の一種で、細菌、ウイルスなどの病原体が体内に侵 入し、増えることで引き起こされる病気のため、細菌やウィルスが体の中に侵入させなければ、感染することがありません。

つまり、細菌・ウィルスを除菌し、 不活性化すれば良いのです!

次亜塩素酸のすごい力とは?

次亜塩素酸は、ノロウィルスや大腸菌O157、インフルエンザウィルスの除菌効果が実証済で、さらに、STDの原因であるカンジタ菌、クラミジア菌、淋菌に対しても高い除菌効果を発揮し、細菌・ウィルスを不活性化します。
※カンジタ菌は公衆検査センター、クラミジア菌・淋菌は、北里大学メディアルセンターで効果が実証されています。

次亜塩素酸は、細菌やウィルスの細胞壁を壊し、除菌するため、HIVウィルス・梅毒よりもはるかに感染力のあるノロウィルスにも有効なのです。

高い除菌能力がありながらも、ノンアルコールで食塩由来の成分でできているため、人体に使用してもまったく問題がありません。
※薬用石鹸など医薬部外品、化粧品に使用される殺菌剤のトリクロ酸という成分は、 米国では使用禁止されています。

次亜塩素酸水溶液は、人体に使用してもまったく問題が無いため、うがいをすることで、喉に感染する喉クラミジアの防止になると言われています。

また、次亜塩素酸は、臭いの元の分子も破壊できるため、非常に高い消臭能力があります。
ボディーソープと次亜塩素酸を混ぜて体を洗えば、ほとんどの体臭が無臭化します。

アルコール・イソジン・グリンスでは除菌できない細菌・ウィルスも次亜塩素酸を使用すれば、強力除菌することが可能です。

次亜塩素酸水の使用例

STDに感染しないために、次亜塩素酸水を下記のように使用すれば予防することができます。
  • ボディーソープと1対1で混ぜて使用する。
  • 細菌の感染が心配な箇所にスプレーする。
  • 喉グラミジアの予防のために、JKスプレーでうがいをする。
  • おしぼりやタオルに吹き付けて、使用する。
  • 口にスプレーして、口臭を抑える。
  • トイレの後に、便器とトイレ全体にスプレーして、強力消臭する。
  • 臭いの気になる部分に直接スプレーする。

様々な風俗ポータルサイトでも注目を集めています!