もっと次亜水

使用目的別の適切な濃度(ppm)

市場に出回っている次亜塩素酸水の濃度は、製品によって50〜600ppmのものまで幅広い種類があります。

この数字が高ければ高いほど除菌力・消臭力が強いということになりますが、実際に使用する際はどのくらいの濃度が適正なのでしょうか?

次亜塩素酸水の使用目的によって適切な濃度を下記にまとめてみましたので、参考にしてください。
使用目的 濃度 使用例
滅菌 400〜600ppm ノロウイルスなどの感染者の嘔吐物・排泄物の処理など、菌やウィルスを完全に死滅させたい時はこの濃度。しかし、一般家庭で使用するにはオーバースペックです。
また、濃度が高いと次亜塩素酸水の効果の期間が短くなるという欠点があります。ご注意ください。
除菌 200ppm 包丁やまな板などのキッチン用品の除菌やゴミ箱や三角コーナーの消臭など、汚れや臭いがキツイところで使用するならこの濃度。ご家庭で使用するなら200ppmもあれば充分です。
一番良い濃度は200ppmです。効果もあるし、効果の期間が長いという利点があります。200ppmでも十分に滅菌することは可能です。
消臭 50〜100ppm 服、靴、枕、シーツ、カーテン、ソファー、タバコ、トイレ、車内の消臭など、主に臭いを消したい時はこの濃度。スプレーで吹付けて、自然乾燥させればOKです。
空間除菌 50ppm 加湿器や噴霧器、アロマディフューザーのタンクに入れて、空間の除菌・消臭をしたい場合はこの濃度。風邪やインフルエンザなどの予防にも効果的です。
人やペット 50ppm 人体に直接使用する場合(手の消毒やうがいなど)や、抵抗力が弱い赤ちゃんやペット用品に使用する場合(哺乳瓶やおもちゃなど)はこの濃度。